メジャーリーグ ファン ブログ

メジャーリーグ全30チームを網羅するように、メジャーリーグ移籍情報・順位予想・成績などをできるだけ公平な目線で書いています。

【MLB2022戦力分析】シカゴ・カブス

ようやく、ロックアウトが明けました。これから、FAの契約が進んでいくと思いますので、なるべく過去にアップした【MLB2022戦力分析】のブログ記事を更新するつもりです。それでもブログ記事では全ての契約を掴み切れていないところがあると思います。その際はご容赦下さい。

さて、今回からナショナルリーグ中地区です。今回はシカゴ・カブスです。カブスは、2021年ナ・リーグ中地区4位でした。カブスの2021年成績はこちらをご参照ください↓↓↓

mlbfan.hatenablog.com

2021年開幕ロースター予想(野手)

スターティングラインナップ

【C】コントレラス
【1B】シュウィンデル
【2B】マドリガル
【3B】ウィズダム
【SS】シモンズ
【LF】C. フレイジャー
【CF】ハップ#
【RF】鈴木誠也
【DH】ビヤー#

*:左打ち #:両打ち

控え野手

  1. 捕手:Y. ゴームス
  2. 内野手:ボーティ
  3. 内野手:ホーナー
  4. 外野手:ヘイワード*
  5. 外野手:オルテガ*

注目選手(野手)

野手で私が注目する選手は、以下の2選手です。

パトリック・ウィズダム:サードを守っていたブライアントを外野に追いやり、2021年6月からサードのレギュラーに定着しました。106試合の出場で38本塁打ですので、2022年は本塁打30本を期待したいです。

ウィズダム 打撃成績
Year Age Tm G AB R H HR RBI SB BB SO BA OBP SLG OPS
2018 26 STL 32 50 11 13 4 10 2 6 19 .260 .362 .520 .882
2019 27 TEX 9 26 1 4 0 1 0 1 15 .154 .185 .192 .377
2020 28 CHC 2 2 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2021 29 CHC 106 338 54 78 28 61 4 32 153 .231 .305 .518 .823
4 Yr     149 416 66 95 32 72 6 39 187 .228 .304 .495 .799
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/1/2022.
Embed from Getty Images

 

フランク・シュウィンデル:2021年7月にOAKアスレチックスからDFAされた選手ですが、シカゴ・カブスは良く才能を見抜いていました。7月にリゾが放出されるとファーストのレギュラーとして出場するようになり、急に才能が開花しました。2021年8月と9月の2か月間に13本の本塁打を放ち、打率は3割5分近くを打ちました。56試合で13本塁打ですので、2022年はフルシーズンで活躍して、30本塁打を期待したいです。

シュウィンデル 打撃成績
Year Age Tm G AB R H HR RBI SB BB SO BA OBP SLG OPS
2019 27 KCR 6 15 0 1 0 0 0 0 2 .067 .067 .067 .133
2020                              
2021 29 TOT 64 242 44 79 14 43 2 16 41 .326 .371 .591 .962
2021 29 OAK 8 20 2 3 1 3 0 0 5 .150 .150 .350 .500
2021 29 CHC 56 222 42 76 13 40 2 16 36 .342 .389 .613 1.002
2 Yr     70 257 44 80 14 43 2 16 43 .311 .354 .560 .914
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/1/2022.
Embed from Getty Images

 

鈴木誠也:ロックアウトが長引いて、いつ契約できるのかヤキモキしていましたが、カブスと5年契約という長期の契約になりました。カブスの外野は、ハップがレギュラー確定なので、残りの2つの外野のポジションを、フレイジャーやヘイワードと争うことになりそうです。きっと開幕からスターティングラインナップに名前を連ねるでしょう。

主な入団・退団選手(野手)

野手の主な入団・退団選手は以下の通りです。

主な退団選手

  • マット・ダフィー(内野手)FA
  • ロビンソン・チリノス(捕手)FA
  • セルジオ・アルカンタラ(内野手)トレードでARIダイヤモンドバックスへ
  • ハロルド・ラミレス(内・外野手)トレードでTBレイズへ

主な入団選手

  • ヤン・ゴームズ(捕手)FA
  • クリント・フレイジャー(外野手)FA
  • アンドレルトン・シモンズ(内野手)FA
  • 鈴木誠也(外野手)FA
  • ビヤー(内野手)FA

総評(野手)

2021年は、ナ・リーグ15チーム中、得点11位、打率11位、OPS10位と、下位の成績でした。2021年はシーズン中に、リゾ、バエス、ブライアント、ピーダーソン、マリスニックの5人を放出しました。放出された彼らの代わりを務めた、シュウィンデルとウィズダムという30歳前後のオールドルーキーたちが、2021年後半戦で、翌年に期待を持たせる活躍をしました。ただ、オフにゴームズ、フレイジャー、シモンズ、ビヤーと人数は確保しましたが、リゾ、バエス、ブライアント、ピーダーソンほどの長打力は期待できません。鈴木誠也を獲得し、若干昨年よりも成績が向上しても、リーグ上位レベルの得点をあげるまではいかないでしょう。

2021年開幕ロースター予想(投手)

先発ローテーション

  1. ストローマン
  2. ヘンドリックス
  3. マイリー*
  4. スマイリー*
  5. アルゾレイ
  6. ミルズ

*:左投げ 

ブルペン投手陣

  1. R. ウィック(抑え)
  2. C. マーティン
  3. D. ロバートソン
  4. スティール*
  5. D. ノリス
  6. K. トンプソン
  7. J. チャベス
  8. M. ロドリゲス
  9. エフロス
  10. B. ウィック*

*:左投げ

注目選手(投手)

注目する選手は、以下の投手です。

ウェイド・マイリー:2021年は、ノーヒットノーランを達成し、規定投球回数を達成し、12勝をあげるなど、CINレッズでは先発ローテーションの一角として活躍しました。しかしオフにはCINレッズからウェーバー公示され、CHIカブスが獲得しました。カブスにとっては貴重な左腕で、先発ローテーションの一角として活躍すると思われます。マイリーは、あと3勝で通算100勝です。2022年に100勝達成は間違いないでしょう。

マイリー 投手成績
Year Age Tm W L ERA G GS IP ER BB SO WHIP
2011 24 ARI 4 2 4.50 8 7 40.0 20 18 25 1.650
2012 25 ARI 16 11 3.33 32 29 194.2 72 37 144 1.182
2013 26 ARI 10 10 3.55 33 33 202.2 80 66 147 1.317
2014 27 ARI 8 12 4.34 33 33 201.1 97 75 183 1.401
2015 28 BOS 11 11 4.46 32 32 193.2 96 64 147 1.368
2016 29 TOT 9 13 5.37 30 30 166.0 99 49 137 1.422
2017 30 BAL 8 15 5.61 32 32 157.1 98 93 142 1.729
2018 31 MIL 5 2 2.57 16 16 80.2 23 27 50 1.215
2019 32 HOU 14 6 3.98 33 33 167.1 74 61 140 1.345
2020 33 CIN 0 3 5.65 6 4 14.1 9 9 12 1.674
2021 34 CIN 12 7 3.37 28 28 163.0 61 50 125 1.325
11 Y 11 Y 11 Y 97 92 4.15 283 277 1581.0 729 549 1252 1.380
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 2/1/2022.
Embed from Getty Images

 

主な入団・退団選手(投手)

投手の主な入団・退団選手は以下の通りです。

主な退団選手

  • デイビーズ(先発)FA
  • R. ブラザーズ(救援)FA

主な入団選手

  • ストローマン(先発)FA
  • マイリー(先発)CINからウェーバー公示
  • スマイリー(先発)FA
  • J. チャベス(救援)FA
  • C. マーティン(救援)FA
  • D. ロバートソン(救援)FA
  • D. ノリス(救援)FA
  • R. グセルマン(救援)FA
  • M. ギブンズ(救援)FA

総評(投手)

2021年は、防御率・自責点・WHIPの全てが、ナ・リーグ15チーム中で13位と、下から3番目の成績でした。先発投手は、デイビーズが退団し、ストロートマン、マイリー、スマイリーと、先発ローテーションを守れる3人が入団しました。救援投手陣は、人数は十分にいて、競争が激しくなりますが、クローザーを確定するのが難しく、突出した選手がいません。先発投手が前年より良くなるので、投手成績は、2021年より若干向上するでしょう。

 

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング