メジャーリーグ ファン ブログ

メジャーリーグ全30チームを網羅するように、メジャーリーグ移籍情報・順位予想・成績などをできるだけ公平な目線で書いています。

【MLB2024】6月10日~6月13日(レギュラーシーズン)

今回は、6月10日~13日(Week 24)の好プレイを振り返ります。

目次

好試合

CWS 4, SEA 8 (Jun.10 @SEA)

シアトル・マリナーズが終盤に逆転劇。

0対4と4点を追う8回裏、シカゴ・ホワイトソックスの先発フェッドから、ドミニク・キャンゾーンが、反撃を狼煙となるソロ本塁打。

ホワイトソックスは、投手をクローザーのマイケル・コペックに交代します。しかし、マリナーズの攻撃は止まらず、2安打と四球で満塁とし、三振2つで2アウトとなるものの、ミッチ・ハニガーの2点適時安打で3対4と1点差に迫りました。

尚も2アウト1,3塁の場面で、ルーク・ラリーは、三塁前へセーフティ・バントを決め、ついに4対4の同点に追いつきました。

勢いは止まらず、9回裏には、2四球と安打で満塁とした後、カル・ローリーがサヨナラ満塁本塁打。

4点差を逆転して、サヨナラ勝ち。マリナーズは、ア・リーグ西地区首位をキープ。

OAK 3, SD 4 (Jun.11 @SD)

サンディエゴ・パドレスがサヨナラ勝利のゲーム。

3対1とパドレスが2点リードしていた8回表、オークランド・アスレチックスは、タイラー・ソーダーストロムが、2ラン本塁打を打って、3対3の同点に。

9回表は、パドレスの抑えのロベルト・スアレスが無失点に抑え、3対3の同点で9回裏へ。

9回裏、先頭打者のカイル・ヒガシオカがレフトスタンドへ、サヨナラ本塁打。

勝ち投手のスアレスは3勝目。スアレスは今季3勝17セーブ、防御率0.64という好成績。27試合・17回のセーブ機会に登板し、失点はわずか2点で、一度も失敗がありません。5月はReliever of the Monthを受賞。

4対3でパドレスがサヨナラ勝ち。

OAK 4, SD 5 (Jun.12 @SD)

サンディエゴ・パドレスが2試合連続サヨナラ勝利のゲーム。

パドレスは、ドノバン・ソラーノとジャクソン・メリルのソロ本塁打で、5回までに2点を先制しました。

パドレスの先発マイケル・キングは、5回を投げ12奪三振と、15個のアウトのうち12個を三振で取るという力投を見せました。

オークランド・アスレチックスは、6回にキングと後続投手を攻め3点を入れ、8回表にも1点を追加し、パドレスは、2対4と2点を追う展開で、8回裏を迎えました。

すると、2アウト1塁の場面で、ソラーノがこの日2本目の本塁打で、4対4の同点に追いつきました。

9回裏には、アスレチックスの抑えのミラーから、メリルがこの日2本目となるソロ本塁打でサヨナラ勝ち。

2試合連続のサヨナラ勝ちとなりました。そして、クローザーのロベルト・スアレスが2試合連続で勝利投手に。

MIA 2, NYM 3 (Jun.13 @NYM)

ニューヨーク・メッツがサヨナラ勝ちしたゲーム。

マイアミ・マーリンズが7回表までに2点を入れてリード。対するメッツ打線は、6回まで1安打に抑えられていましたが、7回裏にに2四球とJD・マルティネスの二塁打で満塁とした後、ダブルプレイの間に1点を返して、1対2と1点差に追い上げます。

1対2で迎えた9回裏、リンドーアが四球と盗塁の後、JD・マルチネスがセンターオーバーの本塁打を打ち、サヨナラ勝ち。

3安打で3点を入れた、メッツが2対1で勝利。3安打のうち、2本はマルティネスの二塁打と本塁打。

好守備

Jun.10 SF: マイク・ ヤストレムスキー 

マイク・ヤストレムスキーのダイビングキャッチ。1対1の同点の終盤で、長打を防ぐファインプレイ。

Jun.11 CLE: タイラー・フリーマン 

タイラー・フリーマンが、ホームラン性の当たりをジャンピングキャッチ。しかも2回も。

Jun.11 STL: ノーラン・アレナド

ノーラン・アレナドが、強烈なライナーをダイビングキャッチし、サードベースにタッチしてダブルプレイ。1アウト1,3塁のピンチを救いました。

Jun.13 TB: テイラー・ウォールス & ブランドン・ロウ

9回裏・1アウト1塁で、試合を決めるダブルプレイ。

Jun.13 LAA: ジョー・アデル

ジョー・アデルのダイビングキャッチ。

好打

Jun.11 LAD: 1イニング 4本塁打

大谷翔平、フリーマン、ヘルナンデス、ヘイワードの4人が、同じイニングに本塁打。15対2でロサンゼルス・ドジャースがテキサス・レンジャーズに大勝。

Jun.11 PHI: カイル・シュワーバー 1試合2本塁打

カイル・シュワーバーが、ボストン・レッドソックス戦で、先頭打者本塁打を含む1試合2本塁打の活躍。チームは4対1で勝利。

Jun.12 CIN: ジェイマー・キャンデラリオ 1試合2本塁打

ジェイマー・キャンデラリオが、クリーブランド・ガーディアンズ戦で、先制のソロ本塁打と、逆転の3ラン本塁打を打つ活躍。チームは4対2で勝利。

Jun.12ARI: クリスチャン・ウォーカー 1試合2本塁打

クリスチャン・ウォーカーが、ロサンゼルス・エンゼルス戦で、2本塁打の活躍。チームは11対1で大勝。

好投

Jun.10 BAL: コービン・バーンズ 7勝目

コービン・バーンズが、タンパベイ・レイズ戦で、7回を被安打5本、0失点、6奪三振の好投で、7勝目をあげました。防御率は、ア・リーグ4位の2.08

Jun.10 NYY: カルロス・ロドン 9勝目

カルロス・ロドンが、カンザスシティ・ロイヤルズ戦で、7回を被安打5本、1失点の好投。この日の対戦相手のロイヤルズ先発セス・ルーゴと並び、ア・リーグトップの9勝目をあげました。5月8日のヒューストン・アストロズ戦から、7試合連続でクォリティースタートを達成し、7連勝中。

Jun.11 STL: マイルズ・マイコラス 7回 被安打1本

マイルズ・マイコラスが、ピッツバーグ・パイレーツ戦で、7回を被安打1本、0失点、6奪三振の好投。対するルーキーのポール・スキーンズも0点に抑える好投で投手戦となり、延長戦の末、カージナルスは1対2で敗戦。

Jun.13 CWS: ギャレット・クロシェ 奪三振

ギャレット・クロシェが、シアトル・マリナーズ戦で、7回を被安打2本、13奪三振、無失点の好投。後続が打たれて同点にされたため、勝ち星は逃しましたが、チームは延長戦の末、3対2で勝利。

ルーキー

Jun.11 PIT: ポール・スキーンズ 7回途中 無失点

ポール・スキーンズが、セントルイス・カージナルス戦で、6回1/3を被安打5本、0失点、8奪三振の好投。対するマイルズ・マイコラスも7回を0点に抑える好投で投手戦となり、延長戦の末、パイレーツは2対1で勝利。

日本人選手

Jun.11 TOR: 菊池雄星 4勝目 

菊池雄星が、ミルウォーキー・ブルワーズ戦に先発し、5回・5奪三振・無失点の好投で4勝目をあげました。

Jun.11 LAD: 大谷翔平 16号本塁打 

大谷翔平が16号本塁打。同じイニングにそのあと続く打者が3人も本塁打。

Jun.12 CHC: 鈴木誠也 8号本塁打 

鈴木誠也が、タンパベイ・レイズ戦で、同点に追いつく8号本塁打。

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング

↓応援お願いします↓

【MLB2024】6月7日~6月9日(レギュラーシーズン)

今回は、6月7日~9日(Week 23)の好プレイを振り返ります。

目次

好試合

SEA 9, KC 10 (Jun.7 @KC)

カンザスシティ・ロイヤルズが逆転サヨナラ勝利をした試合。

シアトル・マリナーズは、1回表に、ルーキーのライアン・ブリスのMLB初本塁打を含む7点を入れて先制。

ロイヤルズは、0対8と8点を追う4回裏に、MJ・メレンデスの3ラン本塁打などで4点を入れ、反撃を開始。

この日のメレンデスは、深い外野フライをジャンピングキャッチし、浅い外野フライをダイビングキャッチするなど、守備でも魅せました。

試合は、7対9とロイヤルズが2点を追う展開で9回裏を迎え、ボビー・ウィット Jr.の三塁打などで、9対9の同点に。

1アウト3塁の場面から、2つの敬遠四球で満塁とし、ネルソン・ベラスケスの内野ゴロの間に1点を入れて、サヨナラ勝利。

ロイヤルズが8点差を逆転し、10対9でマリナーズに勝利。

NYM 6, PHI 5 (Jun.7 @KC)

ニューヨーク・メッツとフィラデルフィア・フィリーズによる、ロンドンシリーズの第2戦。ドラマは9回にありました。

4対3とフィリーズが1点リードで迎えた9回表、フィリーズは抑えのアルバラードが登板しますが、メッツは四球と安打でノーアウト1,3塁とし、メッツのビエントスがサードへの内野安打で、4対4の同点に追いつきまいた。

トレンズが四球で出塁して、満塁となった後、アロンソが死球で押し出しの1点を加え、5対4とついにメッツが勝ち越しに成功。

さらにメッツは、パスボールで1点を加え、6対4としました。

9回裏のフィリーズの攻撃では、ヒット2本と死球で、1アウト満塁とした後、ボームが押し出し四球で1点を返し、5対6と1点差にしました。

さらに1アウト満塁の状況は続き、次打者のニック・カスティヤーノスが、キャッチャーの前に緩いゴロを打つと、メッツのトレンズ捕手は、見事な球捌きで、捕球後すぐにホームを踏んでアウトにした後、一塁へ送球し、2-2-3のダブルプレイ。

珍しい形のダブルプレイで試合終了。メッツが6対5で勝利。

好守備

Jun.7 SEA: ライアン・ブリス 

ライアン・ブリスが二遊間の当たりをファインプレイ。

Jun.9 DET: マット・ビアリング 

マット・ビアリングがホームラン性の当たりをジャンピングキャッチ。

好打

Jun.8 LAD: テオスカー・ヘルナンデス  1試合2本塁打

テオスカー・ヘルナンデスが満塁本塁打を含む1試合2本塁打・6打点の活躍で、ニューヨーク・ヤンキースに11対3で大勝。

Jun.8 NYY: アーロン・ジャッジ  1試合2本塁打

ロサンゼルス・ドジャースに3対11で大敗したものの、ジャッジは2本塁打を打ち、ア・リーグ本塁打王争いを独走する23号本塁打。

Jun.8 COR: エセキエル・トーバー  1試合2本塁打

エセキエル・トーバーが、4打数 4安打 4打点 2本塁打の活躍。7回表に打った2ラン本塁打が決勝点となり、6対5でセントルイス・カージナルスに勝利。

Jun.9 BAL: アドリー・ラッチマン  満塁本塁打

アドリー・ラッチマンが、タンパベイ・レイズ戦で満塁本塁打を含む5打数 3安打 6打点の活躍により、9対2で勝利。

好投

Jun.7 HOU: フランバー・バルデス 完投勝利

フランバー・バルデスが、ロサンゼルス・エンゼルス戦で、被安打4本、1失点、8奪三振と9回を完投し、5勝目。

Jun.8 TOR: ケビン・ゴーズマン 完封勝利

ケビン・ゴーズマンが、オークランド・アスレチックス戦で、9回を被安打5本、8奪三振、無失点に抑えて完封勝利。今季5勝目。

Jun.8 PHI: レンジャー・スアレス 10勝目

レンジャー・スアレスが、ニューヨーク・メッツとのロンドンシリーズに先発し、5回2/3を被安打8本、2失点に抑えて、今季10勝目をあげ、ナ・リーグのハーラーダービートップです。

Jun.9 DET: タリック・スクーバル 10奪三振

タリック・スクーバルが、ミルウォーキー・ブルワーズ戦に先発し、6回2/3を被安打5本、1失点、10奪三振の好投で、今季8勝目。防御率は1.92。勝利数・防御率ともにア・リーグ2位の成績です。

ルーキー

Jun.7 MIL: トバイアス・マイヤーズ 8回 被安打1本 2勝目

トバイアス・マイヤーズが8回を被安打1本、5奪三振の好投で、デトロイト・タイガースに10対0で勝利し、今季2勝目。

日本人選手

Jun.7 LAD: 山本由伸 7回 被安打2本 無失点

山本由伸が、強打のニューヨーク・ヤンキースを相手に、7回・被安打2本・7奪三振・0失点の好投。0対0のままで降板したため、勝敗はつきませんでしたが、チームは延長戦の末、2対1で勝利。

Jun.9 CHC: 今永昇太 6勝目

今永昇太がシンシナティ・レッズ戦で、6回を被安打5本・7奪三振・2失点の好投で、6勝目をあげました。

Jun.9 CHC: 鈴木誠也 5打数3安打

鈴木誠也がシンシナティ・レッズ戦で、5打数3安打の活躍。チームは4対2で勝利し、先発の今永昇太が勝ち投手に。

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング

↓応援お願いします↓

【MLB2024】6月3日~6月6日(レギュラーシーズン)

今回は、6月3日~6日(Week 23)の好プレイを振り返ります。

目次

好試合

CWS 6 , CHC 7 (Jun.4 @CHC)

シカゴの2チームによる、ウィンディシティ・シリーズ2連戦の初戦。先発は今永昇太でしたが、ホワイトソックスに5点を先制されて降板してしまいます。しかし、6回裏に代打パトリック・ウィズダムの2ラン本塁打で、5対5の同点に追いつきました。

ホワイトソックスも、すぐに7回表に、ケガから復帰したばかりのルイス・ロバートJr.が勝ち越しのソロ本塁打を打って、6対5と再びリードしました。

試合を決めたのは、8回裏、1アウト, 1・2塁の場面で、イアン・ハップのタイムリー二塁打。

7対6でシカゴ対決の初戦を、カブスが制しました。

CWS 6 , CHC 7 (Jun.5 @CHC)

シカゴの2チームによる、ウィンディシティ・シリーズは、2試合続けて接戦となりました。

7回裏に3点を入れたカブスが、6対5と1点リードしますが、8回表にホワイトソックスは、ポール・デヨングのソロ本塁打で6対6の同点に追いつきました。

6対6の同点で迎えた9回裏、カブスは、マイク・トークマンがサヨナラ本塁打。

前日と同じスコアの7対6でシカゴ・カブスが勝利。

好守備

Jun.5 NYY: アレックス・ベルドゥーゴ & フアン・ソト 

レフトのアレックス・ベルドゥーゴが背走し、外野フェンスに激突しながらもナイスキャッチ。

ライトのフアン・ソトも、この日は守備でファインプレイ。観客席に入るファウルフライを、ジャンピングキャッチ。

ヤンキースの外野2人によるファインプレイもあり、9対5でミネソタ・ツインズに勝利。

Jun.6 COR: マイケル・トグリア 

マイケル・トグリアが、ホームラン性の当たりををジャンピングキャッチ。元々一塁手ですが外野での出場機会が増えています。

好走塁

Jun.6 KC: MJ・メレンデス

カンザスシティ・ロイヤルズのMJ・メレンデスがキャッチャーのタッチを、ジャンプして避けてホームイン。

好打

Jun.3 DET: ジェイク・ロジャース  1試合2本塁打

ジェイク・ロジャースのソロ本塁打2本で、デトロイト・タイガースが、テキサス・レンジャーズに2対1で勝利。

Jun.3 STL: ノーラン・ゴーマン  1試合2本塁打

最近は4番を打っているノーラン・ゴーマンが2本塁打の活躍。

Jun.3 BAL: オースティン・ヘイズ  1試合2本塁打

オースティン・ヘイズが2本塁打の活躍で、トロント・ブルージェイズに7対2で勝利。

Jun.4 BAL: ライアン・マウントキャッスル 1試合2本塁打

マウントキャッスルが2本塁打の活躍で、トロント・ブルージェイズに10対1で、前日に続き大勝。

Jun.4 KC: ボビー・ウィット Jr.  1試合2本塁打

ボビー・ウィット Jr. が5打数 3安打 4打点 2本塁打の活躍。残念ながら、5対0のリードから逆転されて、5対8でクリーブランド・ガーディアンズに敗戦。

Jun.5 BOS: ラファエル・デバース  1試合2本塁打

ラファエル・デバースが2本塁打の活躍で、アトランタ・ブレーブスに7対2で勝利。

Jun.5 NYM: ルイス・トレンス  1試合2本塁打

ルイス・トレンスが2本塁打の活躍で、ワシントン・ナショナルズに9対1で勝利。

好投

Jun.4 CIN: フランキー・モンタス 7回 被安打1本

フランキー・モンタスが、打者有利のクアーズ・フィールドで、7回を被安打1本、0失点、9奪三振の好投で、今季3勝目

Jun.4 ATL: マックス・フリード 7回 13奪三振

マックス・フリードが、ボストン・レッドソックス戦で、7回を13奪三振の力投で、今季6勝目

Jun.5 BOS: ニック・ピベッタ 7回 被安打1本

ニック・ピベッタが、7回を被安打1本、0失点、9奪三振の好投で、今季3勝目。

Jun.5 PHI: アーロン・ノラ 7回 被安打2本

アーロン・ノラが、7回を被安打2本、0失点、5奪三振と好投。2対0でミルウォーキー・ブルワーズとの投手戦を制し、今季8勝目。

Jun.6 SEA: ブライアン・ウー  6回 1安打 無失点 8勝目

ルイス・ヒールが、6回を被安打2本、0失点、6奪三振の好投で、今季3勝目。規定投球回数不足ながらも防御率1.07。

ルーキー

Jun.4 NYY: ルイス・ヒール  6回 1安打 無失点 8勝目

ルイス・ヒールが、6回を被安打1本、0失点、6奪三振の好投で、今季8勝目。防御率1.82と好投を続けていて、ア・リーグ新人王の筆頭候補です。

日本人選手

Jun.5 LAD: 大谷翔平 15号本塁打 

試合はピッツバーグ・パイレーツに敗れたものの、大谷翔平がルーキーのポール・スキーンズから15号本塁打を打ちました。

Jun.6 TOR: 菊池雄星 通算700奪三振・3勝目 

菊池雄星が、ボルチモア・オリオールズ戦に先発し、今季3勝目をあげ、通算700奪三振を達成。

Jun.6 CHC: 鈴木誠也 7号本塁打 

鈴木誠也が、シンシナティ・レッズ戦で先制の7号2ラン本塁打。

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング

↓応援お願いします↓

2024年5月 月間優秀選手

2024年5月の月間優秀選手が発表されました。5月の打撃・投手成績上位者と合わせれピックアップします。

Player of the month

AL:アーロン・ジャッジ(NYY)

5月31日現在本塁打数トップの20本。

NL:ブライス・ハーパー(PHI)

5月打撃成績トップ

打率 .389のルイス・アラエスは、SDに移籍しても、打撃成績は好調を維持。盗塁数トップのエリー・デラクルーズは、2位に10個以上の差をつけて独走。

Pitcher of the month

AL:ルイス・ヒール(NYY)

Rookie of the Monthも併せて受賞。

NL:クリス・セール(ATL)

5月は5試合に先発して、自責点わずかに2点という完璧な成績で、5勝をあげました。

Relief of the month

AL:エマニュエル・クラセ(CLE)

NL:ロベルト・スアレス(SD)

5月投手成績トップ

投球回数トップのセス・ルーゴは、9勝をあげ、ハーラーダービートップ。

Rookie of the month

AL:ルイス・ヒール(NYY)

Pitcher of the Monthとダブル受賞。

NL:ジョーイ・オルティス(MIL)

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング

↓応援お願いします↓

【MLB2024】5月31日~6月2日(レギュラーシーズン)

今回は、5月31日~6月2日(Week 22)の好プレイを振り返ります。

目次

好試合

SD 3, KC  4 (Jun.2 @KC)

カンザスシティ・ロイヤルズが逆転サヨナラ勝ちのゲーム。

1対3とロイヤルズが2点を追う展開で迎えた9回裏、サンディエゴ・パドレスは松井裕樹が登板しました。松井がピリッとせず、安打と四球でノーアウト1,2塁とすると、ロイヤルズは代打のネルソン・ベラスケスが三塁打を打ち、2点を追加し、3対3の同点に追いつきました。ニック・ロフトンのライトに犠飛を打ち、ロイヤルズがサヨナラ勝ち。

好守備

May.31 CIN: エリー・デラクルース  

エリー・デラクルースの強肩で、本塁補殺。9回裏に同点に追いつかれるのを阻止して、5対4でシカゴ・カブスに勝利。

Jun.1 DET: ハビアー・バエス  

ハビアー・バエスが、外野に抜けそうな当たりをダイビングストップし、膝をついたまま、一塁へ送球しアウトに。見たこともないような、ファインプレイ。

Jun.1 BOS: セダン・ラファエラ  

セダン・ラファエラが、ダイビングキャッチ。

Jun.2 CWS: ドミニク・フレッチャー  

ドミニク・フレッチャーが、ホームラン性の当たりをジャンピングキャッチ。

好打

May.31 NYY: アーロン・ジャッジ 1試合2本塁打

アーロン・ジャッジが1試合2本塁打の活躍。今季最初に20号本塁打に到達。5月はこれで14本塁打と完全復調しました。

May.31 MIL: クリスチャン・イエリッチ 5安打・5打点

クリスチャン・イエリッチが5安打・5打点の活躍で、シカゴ・ホワイトソックスに12対5で大勝。

Jun.1 : BOS エンマヌエル・バルデス  1試合2本塁打

エンマヌエル・バルデス が、ソロ本塁打と2ラン本塁打を打ち、3打点の活躍で、デトロイト・タイガースに6対3で勝利。

Jun.1 : BAL ライアン・マウントキャッスル 1試合2本塁打

ライアン・マウントキャッスルが、2ラン本塁打2本を打つ活躍で、タンパベイ・レイズに9対5で勝利。

Jun.2 : NYY フアン・ソト 1試合2本塁打

フアン・ソトが、先制のソロ本塁打と9回表の逆転2ラン本塁打の2本塁打を打つ活躍で、サンフランシスコ・ジャイアンツに7対5で逆転勝ち。

好投

May.31 BOS: タナー・ハウク 5勝目

タナー・ハウクが7回を被安打3本、1失点、6奪三振の好投で、今季5勝目。この日を終えて防御率1.85は、ア・リーグ2位。

May.31 ATL: レイナルド・ロペス 防御率 ナ・リーグ トップ

レイナルド・ロペスが6回を被安打4本、1失点、8奪三振の好投で、今季3勝目。この日を終えて防御率1.73は、ナ・リーグ1位。

Jun.1 PIT: ミッチ・ケラー 7勝目

ミッチ・ケラーが6回を被安打5本、1失点、8奪三振の好投で、今季7勝目。直近5試合は防御率1.34と好調です。

Jun.2 SEA: ルイス・カスティーヨ 7回 無失点 5勝目

ルイス・カスティーヨが7回を被安打2本、無失点、6奪三振の好投で、今季5勝目。この日を終えて、防御率が2点台に向上。

日本人選手

May.31 SD: 松井裕樹 3勝目 

松井裕樹が、カンザスシティ・ロイヤルズ戦の7回裏に登板し、三者凡退に抑えました。その直後の8回表にパドレスが逆転し、3勝目をあげました。

Jun.1 LAD: 山本由伸 6勝目 

山本由伸が、コロラド・ロッキーズ戦で、6回・7奪三振・1失点の好投でチームトップタイの6勝目をあげました。

Jun.1 CHC: 鈴木誠也 満塁本塁打 

鈴木誠也が、シンシナティ・レッズ戦で、2アウト満塁のピンチに、外野フライを取り損なうエラーをしてしまい、それがきっかけとなりレッズに4点を先制されてしまいました。その直後に、自らの失敗を取り返すべく、満塁本塁打で同点に追いつき、チームは7対5で勝利しました。

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

こちらのランキングにも参加してます。ぽちっとクリックお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


メジャーリーグ人気ブログランキング

↓応援お願いします↓